2017年8月9日水曜日

どの素材が暑いか

最近の検索ワードを見ていると、
「ポリエステル 暑い」
「アクリルは暑いか」
「レーヨンは涼しいか」とか、
そんなのが多いです。
要するに、化学繊維のものを着用すると暑いかどうか知りたいらしい。
高機能素材以外は大体暑いです。
レーヨンは原材料がパルプなので暑くはないけれども、
雨に当たると、紙みたいになります。
あと濡れて縮みます。

リヨセルが暑いかというのもあったけれども、
リヨセルはどうかな。わからない。

というか、私は素材の専門家でもないので、
知りたい人はメーカーに聞いてください。
ただ、大体、石油からできているものは暑いです。
それが目安です。
夏にアセテートとか、無理だと思います。

なんで最近、こんな検索ワードが多いのかなと思ったのですが、
皆さん、昔より、より多くの化学繊維を夏に着ているのでしょう。
昔はそれこそコットン、または麻でした。
よくてコットンポリエステルとか。
レーヨン麻か。
それがここ最近、化学繊維が多くなったのですよね。
ゆるふわとか、てろてろとか、そういうのがお好みの方は化学繊維が多くなるでしょう。
あと何?手入れが簡単とか、アイロンがいらないとか。
そういうのがお好みの方は化学繊維でしょうね。
そういう方は、暑さをとるのか、その簡単な扱いをとるのか、
どっちかですから、選んでください。

あ、関係ないけれども、信頼できるデザイナーはどういう人かと聞かれたら、
パターンがわかっててデザインする人と、生地を生産する現場へ見に行く人です。
先日読んだ日経の記事によると、日本の生地メーカーへ
一番足を運ぶのはシャネルとかセリーヌの人だって。日本のブランドじゃないって。



『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。Amazonさんのリンクはこちら