2017年8月2日水曜日

大量に買う人

服にお金をかけられない人は、
ファストファッションで服を買う傾向があります。
お金がない、よって安いところで買う、です。

しかし私が見てきたところによると、
ファストファッションで買う人って、
買う量も多いです。
なんでこんなにたくさん持ってるの?という人が多かったです。
安いから買っちゃうのでしょう。
だから結構な額を使っていると思います。

そしてもうひとつのたくさん持っている人の特徴は、
多すぎてどうしたらいいかわからない、
しかもおしゃれには見えない、という点です。

たぶん人間が扱える量というものには限界があるのだと思います。
スタイリストさんみたいにそれが仕事だったら扱えるでしょうけれども、
一般の人にそれは無理なのでしょう。

あとこれは服に限ったことではりませんが、
安いものを安く買っても、人はその買ったものを大事にはしません。
安いものをたくさん持っている人の服って、
なぜかしわしわです。
初めどうしてこんなにしわしわなのか理解できなかったのですけれども、
あれはタンスに突っ込みすぎて、ああなってしまったのでしょうね。
「こんなにしわしわですぐ着られるの?」って聞いたら、
着られませんというお答えがありました。

安いものを大量に次々に買っていくのは、
情報消費型のおしゃれです。
もちろんそういう人もいます。
けれども、それだって結構お金がかかるし、
それが大量になると扱うことができません。
あとモノも大事にしません。

私はこの方法にはもう限界がきていると思います。
もうこの方法を続けることはできなくなるでしょう。

今のうちに頭を切り替えて、
情報消費型おしゃれではなく、
あなたが情報として消費されない方法を身に付けたほうがいいでしょう。

『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。Amazonさんのリンクはこちら