2017年8月10日木曜日

秋になったら取り入れたい素材

「注目の秋色夏素材」と書いてあるのを見ました。
では、秋色秋素材ってなんでしょうか?
そんなことはどこにも書いていないし、
正解があるわけではありませんが、
私が思うに、
秋素材、つまり真冬ってほどじゃないけど、
春でも、夏でもないんだよねという素材は、
コーデュロイとかヴェルヴェット、あとサテンかな。
それからセキンという、きらきらした素材やスパングルなんかも、
真夏のぎらぎらした太陽より、秋のほうが似合う感じが、
個人的にします。
(個人的なものなので、そうじゃないって言う人もいると思う)

夏の光にはぱりっとしたコットンとか麻のイメージだけれども、
秋になると、センシュアルなサテンとかスエードとか、
きらきらした素材が、斜めからの太陽光に映えると思います。

ですから、そういった素材のものを今からちょっとずつ、
部分的に取り入れるのがいいのではないかと。
ちょっときらきらとか、部分的にスエードとか、
リボンだけヴェルヴェットとか。
そんなふうにして、徐々に色、素材とも秋に移行していけばよいと思います。



『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。Amazonさんのリンクはこちら