2017年5月12日金曜日

ぴったりのものはなかなかない。

黄色地にチェックのシルクのスカーフをこの時期よくしているのですが、
これは20代のときに買ったもの。
もう穴もあいているし、しみもついているので、
買いかえたいのですが、
色、素材ともぴったりくるものは、なかなか売っていないのです。

黄色にも、ひよこみたいな黄色から、
山吹色みたいなものまでいろいろあって、
しかも柄とか、質感とか、素材とか、
全部含めて気に入るものを探しているのですが、
本当にない。
もちろん黄色という時点で選択肢は少ないです。

自分というものがわかってしまったら、
それにフィットするものは案外売っていないのだということがわかります。
だからいつも何かを探している。
そしてそれが完成するには、何年もかかります。
それは1つの作品なので、完成するには時間がかかる。

重要なのは、そのことに気づくこと。
御仕着せのひとそろえは、制服と同じ。
制服を着るのが嫌なら、
構築するには時間がかかると気づくことが、
重要だと思います。


ご予約のリンクはこちら