2016年8月29日月曜日

素敵なおばあさまを見た。

駅の改札脇のカフェにて、
素敵なおばあさまを見ました。

年のころは75歳ぐらい。
きれいにセットされたシルバーグレイのショートヘア。
私がこの方に目がいったのは、
まだ8月の暑い時期に、
黒いショート丈のテイラードジャケットを着ていて、
そのきちんとした雰囲気が珍しいなと思ったからでした。

その方は、その駅のカフェで男性と打ち合わせしているようで、
何か説明している様子が聞こえてきます。
とぎれとぎれに、「舞台」「カメラ」「大通りから」などと聞こえてくるのですけれど、
具体的にどんなお仕事をされているのかまでは、
わかりません。

ジャケットの下から見えるのは、黒とゴールドのストライプの、
フィット&フレアのワンピース。
素材は、上品に光り、少し張りのあるシャンタン。
それに、ワンストラップの黒いローヒールのパンプス。

左手には、ゴールドの時計と細いブレス、そして小指にゴールドの指輪。
右手には、黒とべっ甲か何かの素材の少し大ぶりなブレスと、薬指の、
やはりこれも大ぶりの、黒曜石のような素材の指輪。
耳には黒い、丸い形のイヤリング。

もうおわかりいただけたかと思いますが、
この方は、全身を黒とゴールドだけで構成しているのです。
両方の腕の過剰な装飾は、どう見ても、事務仕事をしている方ではなさそう。
女優さんではないと思いますが、
何か舞台関係者かもしれません。

持っているバッグも、黒と木目のような素材の、
四角い、かっちりした、あまり見たことがないようなバッグ。
サブバッグとして持っていた、ナイロン素材のバッグも、黒地に金の水玉と、
徹底しています。

暑いのにもかかわらず、ジャケット着用、
徹底した黒とゴールドの色遣い、
何か熱心に打ち合わせする姿は、
年をとったときの、1つの理想の姿でした。

きっとあの方はずっと、自分の人生の主役を生きていると思います。
脇役感ゼロでしたから!


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。


2016年8月28日日曜日

旅のワードローブを振り返る



実は、もう長いこと旅行に出ていません。
(日帰りの飛行機での出張はあります)

まずは自分の病気、次は家族の介護と看護、そして今は猫5匹がいるので、
なかなか家をあけられません。
そんなことをしている間に、世界が不穏な状況になって、
少し残念ですが、来年あたりちょっとだけでもどこかへ行けたらなと思っています。

で、自分自身の旅のワードローブについて考えてみました。
実は最初が最悪だったのです。
正確に言うと、自分自身じゃなくて、同行者が、ですが。

28歳のとき、初めていったロンドン。
一緒に行ったのは、高校の演劇部の友達とその妹。
妹は最初ついてくる予定がなかったのですが、
途中から行きたいということで、一緒に来ることになりました。

12月だったので、私はヘルムート・ラングのウールのロングコート、黒いウールのパンツに、
アンクルブーツで、変な格好ではありません。
しかし、一緒に行った姉妹が、残念な姿だったのです。

当時、その友達の妹はガールズバンドをやっていて、ストーンズなんかをコピーしていたのでした。
ですから、スタイルがロックです。
で、その姉妹はそのロック・スタイルのままやってきました。
大き目で、なぜかよれよれの黒い革ジャン、重そうなバイカーブーツ、
ローゲージで黒と赤のボーダーのニットにミニスカート。
ロックというより、パンクなのか。
日本で見たとしても、ちょっと小汚い感じ。
そして、そんな2人と一緒にホテルの受付に行ったり、レストランに行ったりしたら、
まあ、なんというか、あからさまな冷遇です。
イギリスって、なんて冷たい国って、思ったものです。

そして、次の年、今度は大学のシェイクスピア研究会で一緒だった友達と、
ロンドンへ行き、ストラッドフォード・アポン・エイボンまで遠征して、
ロイヤル・シェイクスピア・シアターでシェイクスピアの「十二夜」を見るというテーマの旅でした。
その当時、その友達はもうコバルト文庫の作家でして、
シェイクスピア研究会の友達仲間でもダントツのお金持ち。
季節は9月でしたが、当時、サンヨーで売りだした、ヨージ・ヤマモトの真っ白なコートを着てあらわれました。
一方、私は、当時あった、June,July,Augustという、ちょっとしゃれたブランドの黒別珍のジャケットに、ギャルソンの金のメタルがはめ込んであるベルトをウエストにしめ、
7分丈の黒別珍のパンツ、そしてアンクルブーツといういでたちでした。
そんな2人でロンドンのホテルへ泊まったり、
ハーベイニコルスの最上階のレストランで食事してみたり、
エディンバラの駅の近くの立派なホテルへ泊まったりしたのですが、
大体どこでも親切にされました。去年とはえらい違いです。

そのときです。
これは、どんな格好をしていくかによって、えらい待遇が違うなということに気づいたのは。
そして、その後、今度はルレ・エ・シャトーというホテルグループに入っているような、
マナーハウスや古城ホテルに泊まるためイギリスに行ったときは、
もっと用心して、当時あった、マーク・ジェイコブスのセカンドラインのオフホワイトのコートに、帽子と手袋というスタイルにしてみました。
これは全然問題なし。

マナーハウスのホテルは、夕食つきのプランで予約していました。
そして、そのレストランにはドレスコードがありました。
といっても、ジーンズやスポーツウエアのままはだめだ、というレベル。
そのときは、ふうん、ぐらいにしか思っていませんでしたが、
今ならわかります。
そのレストランは、まず、暖炉のあるバーラウンジでメニューを決めて、
食前酒をいただき(といっても、私はアルコールは飲めない)、
次に、メインホールへうつって前菜とメインををいただき、
コーヒーとデザートはまた違うお部屋に移るという、
由緒正しいスタイルのものでした。
こんなところに、作業着やらスポーツウエアで来られたら、
レストランという舞台の景色が壊れますからやめていただきたい、
という意味だったのですね。
周りの皆さんはどんな感じかというと、
女性の皆さんはワンピースまたはロングドレス、男性はスーツ。
私もワンピースにイミテーションのパールのロングネックレスをつけてレストランで食事しましたので、
これも問題なし。気分よく食事できました。
(ちなみに、このホテル、真冬に行ったので格安料金でした。箱根の旅館と同じぐらい)

旅のワードローブも、
そのシーンに合っているかどうかが重要です。
風景、照明、周囲の人たち、
その中で自分がどういうふうに見られたいか、
それが決まれば、
おのずと決まってくると思います。

☆ 泊まったマナーホテルの動画です。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。





2016年8月27日土曜日

「大人のおしゃれ」ってなんなんだろう?と考え込む

日本独特のスタイルに、
40歳前後を過ぎた女性の、
少女おばさんスタイルと、おじさんおばさんスタイルがあります。
これは外国では、たぶんあまりいない。
まあ、いなくはないと思いますけれども、
少なくともそれがおしゃれな人として雑誌に載ることは、
まれだろうと思います。

少女おばさんスタイルは、
もう少女の倍以上の年齢になったにもかかわらず、
いまだ少女テイストの服を着るスタイル。
少女テイストは何ですかと聞かれて、
一番の特徴は、ハイウエストです。ウエスト位置が通常のウエストより5センチから10センチぐらいは高い。
あとは、フラットカラーとか、スカートが落ちないためのサスペンダーとか、
体型がわからないような、だぼっとしたシルエット。

おじさんおばさんスタイルは、
一瞬、これはおばさんなのだろうか?おじさんなのだろうか?と考え込むようなスタイル。
アンドロジィナスというよりは無性。
アンドロジィナスはセクシーだけど、セクシュアリティは排除しているので、セクシーさは
一切感じられない感じ。
(例えばユーリズミックスのアニー・レノックスは男装でしたが、とてもセクシーでした。
あそこからセクシーをとった感じ)

服は好きなものを着ればいいと思います。
そして、何より自由であるべきだと思います。
それは大賛成だし、全く異論はございません。
ですから、この2つのスタイルも全く問題がないのでございます。
けれども、この少女おばさんスタイルと、おじさんおばさんスタイルに関しては、
見るたびに違和感を感じます。
その違和感は、なぜそんなにまでしてセクシュアリティを排除するのだろうか、
という疑問です。

分かりやすく言うと、
少女おばさんスタイルとおじさんおばさんスタイルが主人公の恋愛ドラマって、
考えられないでしょう?ということです。
百歩譲って、少女おばさんはまだあるとして、
おじさんおばさんスタイルの女優さんが主人公で、
その恋愛ドラマって、そんなのないですよね。
あった?あったのかな??
(イメージとしては、小林聡美さんが地肌が見えるぐらいの刈り上げショートにして、
黒、紺、グレーのおじさんのようなスーツやらパンツルックで出てきて、それで始まる恋愛ドラマ。
あ、バイセクシャルとかじゃなくて、ヘテロセクシャルで。
バイセクシャルで、すごく複雑な展開のドラマだったらあるなって、今イメージが浮かんだ。逆に面白そう)

これは個人の問題ではなく、
日本の社会全体が抱えている、
なんでそこまでセクシュアリティを排除するのかという話にもつながるので、
そんなに簡単に答えは出ません。
ただ、推測するに、
そのスタイルをすること、つまりセクシュアリティを排除することで、
二次的利益はあるんだろうなと。

きのうはその話をしていて、
例えば、少女服のおばさんスタイルの人は、責任から逃れるという話。
なんか見るからに使用人みたいだよってことで、
この人が責任を持って仕事をばりばりしたり、銀行へ行っててきぱきしているところは
想像できない。

おじさんおばさんスタイルの二次的利益は何でしょうね。
セクシュアリティを排除して、女と見られないことによる利益って何?
男に好かれないってこと?逆に「女の仕事」と社会から思われていることをしないこと?
うーむ、わからない。

これは簡単な問題ではないので、
ちょっと考えただけではわかりません。
ただ、きのうはそういうスタイルの人たちが、
「大人のおしゃれ」の一例として、ファッション雑誌で紹介されたので、
なぜだろう?なぜこうなっているのだろうと考え込んだわけでした・・・
でもそれは単純に、そんなのおかしい、変だと否定したいというわけでもなく、
きっとこういう服装をしていると、
彼女たちは自由を感じるんだなと、ほほえましくも思うわけです。
なぜだろう?

「大人のおしゃれ」って何だろう?
難しいです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。



2016年8月26日金曜日

今年はもふもふしたファーの靴を皆さん、はくのでしょうか?

グッチのアレッサンドロ・ミケーレが最初にかかとがカットされて、
しかも、ソールの部分にもふもふしたファーがついたローファーを発表したのが
たしか2年前のこと。
あのとき、誰もが、あの妙な靴はなんだ?と思ったはずです。
それが川上での出来事。
それが下るのに2年余り。
今年は、もふもふしたファーがついた靴が、この秋冬、たくさん出てきます。

このように、流行の発信元から川下まで下ってくるのには、
時間がかかります。
2年なら早いほうで、
なんやかんやで、3年から4年が普通。
そのあいだに、当初の先鋭的な感じは薄れ、
誰もが着用可能なほどに、デザインは薄まります。
そうしてごく普通の人が着たり、はいたり、持ったりするようになります。

もふもふしたファー、かわいいですけれど、
雨が降ったらどうするのだろうかとか、
いろいろ考えてしまいます。
ヨーロッパのように、からっとした天気の日ばかりではありませんから。
それでも何とか、雰囲気だけでもファーをつけたいみたいな、
そんな靴がたくさん出てくるんだろうなあ・・・
というかもう伊勢丹の靴売り場には、たくさん並んでいるのでしょうな。

まあ、目新しいからおしゃれに見えますけれども、
そういうときは、早めに取り入れたほうがよいです。
爆発的に流行るということはないと思いますが、
余りに実用的でないので、
はきたいと思うのだったら、
早め早めに取り入れる、
それに限ります。
今日はこのへんで。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。












2016年8月25日木曜日

最近の活動状況

さて、お仕事面での最近の活動状況です。

☆7月、8月は選挙割を実施したため、多くの方にファッション・レッスンを受けていただきました。
どうもありがとうございました。
ここで割引してしまったので、9月以降、受ける方は余りいらっしゃらないとは思いますが、
おしゃれに見える方法が知りたい方のみならず、洋服を減らしたい方、節約したい方には、
本当にお勧めです。
無駄な買い物、着ないものの買い物は確実に減り、被服費は削減できます。

☆同時に、スカイプによるファッション・レッスンも実施しています。
出張をやめるかわりに始めたものですが、これがなかなかよろしいです。
遠方の方や、家から出られない方、私に直接会うのはちょっと・・・という方など、
手軽に自宅で受けられます。今はスカイプの通話も安定しているので、途切れるということはありません。1時間×3回の講義とアドバイスになります。


☆9月のワークショップですが、実はまだやるかどうか決めていません。
9月はまだふるうつらんど井上さんの場所が使えないので、やるとしたら10月頭か、その他の場所になります。決まり次第、こちらで発表します。

☆お客様の感想を新しくアップしています。こちら

以上です。よろしくお願いいたします。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。

たまには猫のこと

最近、うちの猫のまるちゃんが、
私と一緒に寝たがりまして、
寝ようとすると、部屋の前に先に走っていって待っています。
ちょっとでも部屋の近くに行くと、
私が寝るものと思っているらしく、
いやいや、まだ寝ませんよなどと、まるちゃんに言っています。

で、まるちゃん、夜、一緒に部屋に入ってきて、
私が横になると、
隣にぴったりやってきて、
頭をなすりつけたり、
身体をごろんとさせてぶつけてきてみたり、
猫らしくべたべたするわけですが、
1時間ぐらいすると、
はい、私の仕事は終わりました、みたいな感じで、
ドアを開けてくれと要求し、
走って出ていきます。
なんか私が一緒に寝てくれるよう頼んで、
仕方ないから付き合ってやってるのよ、みたいな、
そんな感じです。

もともと私は動物と一緒に寝ると寝不足になるから嫌なので、
途中で出ていってもらったほうがいいのですが、
あの、そそくさとした感じを見るにつけ、
何なの、その感じ?と言わずにはいられません。

おとといの夜も一緒に寝ようと、
まるちゃんが私の部屋に、私より先に入っていきました。
けれども、私はその日、寝ながら本が読みたくて、
枕を少し高く置いて、本を読み始めました。
すると、まるちゃんが、
脚にかみついたり、お腹を前足でたたいたりしてくるのです。
これが、けっこう痛い。
猫の手だって、つめがあるから痛いのです。

私が、「本、読むんだからやめて!」と言っても、
まだ噛みついてきます。
大体、言いたいことはわかっています。
「あたしが、このあたしが一緒に寝てあげるって言ってるのに、
なんで、なんで、なんで本なんか読んでるのよ!
やめなさいよ、やめなさいよ、やめなさいよ!」
ということでしょう。
だけれども、私だって頼んだわけじゃないですし、
どうしても今、本を読みたいわけですから、
「いや、だって私、頼んだわけじゃないし、本、読みたいから」
と言って、なおも読み続けると、
「わかったわ、あたし、帰る」と猫語で言って、
ドアを開けるように私に要求し、
走って出ていったのでした。

ほんとにおまえは女か?と思いましたが、まるちゃんはメスですから、
女と言えば女か。

猫なので、これに懲りたわけではなく、
相変わらず、一緒に寝ようよ、
時給分だけ働くわって、やってきます。
おかげさまで、夏の後半、寝不足気味です。
秋までには、この寝不足を解消したいです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。


2016年8月24日水曜日

ケンゾーさんの赤


赤いドレスが売っていないと嘆いていたら、
私が気づかぬ間に、
セブン&アイ・ホールディングス、
つまりイトーヨーカドーと西武とそごうで、
ケンゾーさんの新しいコレクションが始まり、
そこにはたくさんの赤アイテムがありました。
こちら

現在、パリコレでKENZOというブランド名で発表されているものは、
ケンゾーさんデザインじゃないんです。
(同様に、ジル・サンダーもヘルムート・ラングも自身のデザインではないです)

ケンゾーさんは、ブンカの最も誇る卒業生で、
学生はケンゾーさんのショーがあれば、
必ず連れて行かれます。
私も連れていかれましたよ。

で、ケンゾーさん御年77歳だそうですが(若い!)、
もう15年、服飾デザインはしていないそうで、
久々の復活です。

まだ売り場で商品を見てはいないのですが、
HPを見ると、
日本の着物からとったと思われる赤や朱赤の服がたくさん展開されています。
これを見ていて、
そうだわ、ケンゾーさんはハイパーミックスの元祖だわと、
思いだしたのでした。
(ケンゾーさんが元祖、アレッサンドロ・ミケーレは孫ぐらい)

70年代のパリに、
フォークロア、多色使い、柄と柄、フェミニンとマスキュリン、
これらをミックスさせるファッションを提案したのは、
ケンゾーさんなんです!
現在流行っている70年代テイストは、
40年たって、それがアップデイトされたもの。
このミックス感は、ケンゾーさんが西洋のファッションに持ち込んだものなんですね。

ケンゾーさんの服というのは、80年代、90年代、とても高くて、
見ているだけで、買えるようなものではありませんでした。
(妹が真っ赤な麻のパンツを買って、私は借りてはいていました)
それが今、手の届く範囲で買えます。
(そのかわり、素材はポリエステルだけど)

ラインナップをざっと見ましたが、
なかなか素晴らしい。
中でも複雑な柄のプリーツスカートはお勧め。総丈も75とありますから、
膝よりも15センチほど下です。
今期、フォークロアを強調したいなら、
この中から1色とって、大き目のフェアアイル・セーターをあわせると、
とてもかわいいはず。

と、絶賛していますが、
では、これは売れますでしょうかと聞かれたら、
そんなに売れないでしょうと答えます。
なぜかというと、
ここのところずっと、赤を選ぶ女性が少ないからです。
私ももう何人もファッション・レッスンで教えてきましたが、
赤を選んだ人って、1割もいない。
赤やオレンジって、人気がない色です。
だから、いつも売れ残っている。

この、いつも売れ残る色をメインにして展開するのですから、
西武さんはなかなかのギャンブラーだと思います。
(ゴルチエの売れ残りは結局、どうなったのでしょう?)

赤いドレス、スカート、ブラウスその他、お探しの方はぜひチェックを!
え、まだ高い?
大丈夫だよ、売れ残って、セールに出るよ。
(でも、プリーツスカートだけは売れちゃうかもしれませんね。ほかで売ってないから。
私もこのプリーツスカートはちょっと欲しい。nanacoカードで買えばいいのか?)

※この動画を見ると、どんなものが展開されているかわかりやすいです。

☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。